(乱暴ですが。)ジャマイカを一言で表現すると・・・、「すべてのブラック・ミュージック(英語圏黒人商業音楽)の墓場。」 である。!。by ハイグレード。そのこころは?

(乱暴ですが)ジャマイカを一言で表現すると・・・、「ブラック・ミュージック(英語圏黒人商業音楽)の墓場。!」 by ハイグレード。そのこころは?

すべてのブラック・ミュージック(英語圏黒人商業音楽)は、(つまり、新旧レゲエ、その前のメントからスカ、アメリカ・イギリスの新旧ソウル、新旧R&B、新旧ヒップホップ、新旧ハウス・ガラージ、新旧ポップス、新旧Jazz、新旧ロック・バラード、新旧ゴスペル、その他。)、この400年前に、カリブのアフリカ黒人奴隷貿易の重要拠点であったこの島 (アフリカ西海岸から船底で運ばれた黒人奴隷たちはここジャマイカへ降ろされて、値段がつけられ、南北アメリカ大陸や周辺諸国へ売られていったとおもわれる。)、ジャマイカへすべての上記ブラック・ミュージックが集められ、夜な夜な、超音楽好きの人々に吟味され、ふるいにかけられ、上記すべてのジャンルのカテゴリー別に、ここの島の人たちの認めた歴史に残るべきポップスのみが抽出されて、セグメントの形で配列された。

要するに、この島の人々が好きな曲はもうすでにはっきりと選別されて、膨大なリストになっている(形はない。)ということです。そのリストは、各世代のジャマイカ人の脳内に完全に書き込まれており(曲名すら知らない場合もある。)、その曲を聴いたとたんにこの人たちは気分が高揚しそれを全身で表現して、我々に教えてくれるわけです。でもその前から、なぜか、そのリストを持たない我々の感性や琴線に触れる共通の音楽感動体験も同時に存在します。そこが我々の楽しめるところとなっている、という分析です。

そんなわけで、ジャマイカを一言で表現すると・・・、

「すべてのブラック・ミュージックの墓場である。!」

by ハイグレード。

広告

(乱暴ですが。)ジャマイカを一言で表現すると・・・、「すべてのブラック・ミュージック(英語圏黒人商業音楽)の墓場。」 である。!。by ハイグレード。そのこころは?」への2件のフィードバック

  1. いつもツウィート&ブログを読ませてもらってます。リアルなジャマイカの生活感が伝わってきます。お聞きしたいのですが 新宿OPEN 渋谷ココアイルのスピーカーはハイグレードさんの制作ですか?

    いつかお話しできたら嬉しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中